検索
  • Masuda CKM

アシュラフ バブリさん


2011年東京マスダ日本語学校の卒業のアシュラフ バブリ さんが

BSテレビ東京の「ワタシが日本に住む理由」に出演されました。


母国アフガニスタンから、27才で日本に来ることになったバブリさん。

来日直後からの2年間、日本語学校では一生懸命日本語を学び、

成績も優秀で皆勤賞で卒業されました。

その後、日本のお母さまのエネルギッシュな行動力もあり、

アフガニスタン大使館でお仕事をすることとなりました。


番組の中では、元日本語学校校長先生に会いに来られ、

当時の思い出を校長先生と語りながら、

アフガニスタンではありえない「日本の日常」も話しておられました。


学校の廊下から見える電車(総武線)も、母国にはない日常、

そして男女が一緒に教育を受けられることも、母国にはない日常だったそうです。

女性が普通に街を歩け、仕事を持つこと、自由に外を歩くことも

母国アフガニスタンでは非日常のことだそう。


اگر شما در اعماق دریا شیر آب، شما می توانید مروارید دریافت کنید


ダリ―語訳が合っているかわかりませんが、

「海に深く潜れば、真珠は取れる」ということわざで、

日本語では「為せば成る」という意味に近いそうです。

この言葉を胸に来日し、

日本語で一番好きな言葉

「地道に、コツコツと」を日々忘れず今も努力し続けるバブリさん。


お母さまもこの収録の1週間後位に久しぶりにご来校され、

また卒業生の立派な姿を見られて本当に嬉しいです。


日本では当たり前の風景が「当たり前ではない」。

日本の日常に「平和」を感じながら、

母国の発展と女性の地位向上を求め日々努力されている姿は、

日本人である私たちは、

この日常にもっと感謝をしなければならないと感じました。


現在

https://video.tv-tokyo.co.jp/nipponsumu/episode/00088214.html

ネットで6月1日まで配信をしています。

配信終了後は、番組サイトへ!

是非、ご視聴ください!




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年11月28日 平井公園にて、「ひらこ大好き!フェスタ」が開催されました。 当校の調理師専門学校では防災訓練を兼ねて、 平井公園内の「かまどベンチ」を利用した炊き出し訓練を担当しました。 コロナウィルス感染症拡大防止のため、 通常の授業では得られない活動ができずにいる中、 有志の学生も参加し、久しぶりの学外での活動にもなりました。 記念すべき第1回のこのフェスタを、 自治会・商店街の皆様、

1月9日(土)に予定しておりました 学院恒例の新年会は、 現在の状況を踏まえて残念ながら 「中止」とさせていただきます。 ​ 毎年、学院関係者・近隣の皆様と一緒に 学生が作ったおでんやつきたてのお餅、 初釜をいただいたり書初めを行っています。 ​ また​皆様で集える日を 楽しみにしております。 ​ ​ 1/6